厨房ダクト清掃・空調設備管理・消防設備管理・給排水設備管理のイーアライヴ

業務内容

フード・ダクト清掃・取付その他のトラブル
資料請求現場調査お問い合わせはお気軽に!

施工までの流れ

排気ファン(ケーシング)

見たらきっとびっくりする事間違いなし

排気ファン(ベアリング交換、その他)

音が気になりだしたら要注意

換気ファン清掃

羽が油汚れで完全につまります。

排気ファン・ケーシング清掃事例

厨房内の排気が弱い・不足と感じる方は是非一度お試しください。

排気ファンが故障すると、厨房内の熱気や煙が排気できなくなり営業自体が出来なくなります。
清掃・メンテナンスすることで、排気能力の回復や故障を最小限に抑えることが出来ます。

5.jpg 6.jpg
ケーシング部
ケーシング部
7.jpg 8.jpg
これは、中華料理屋さんのファンです。外から見えない部分に大量の油脂が付着しています。

きれいになったばかりでなく、故障の原因も減ります。
9.jpg 10.jpg
これは、パン屋さんのファンです。このような状態でいくらファンを回しても全く機能しないめ、『調理中に小麦粉で厨房内が真っ白になったり、熱気がこもって暑い』と困っていたそうです。厨房内の小麦粉も一緒にダクト内を通って排気されていますので、定期的に清掃を行わないとこのように、油と小麦粉で羽根やケーシングにびっしり詰まってしまい故障の原因にります。

image_contact.gif

ページの先頭へ戻る

換気ファン清掃事例

焼肉屋さんやパン屋さんは排気ファンのメンテナンスが重要です。

焼肉屋さんはホルモン等の油がダクトやファンに大量に付着しています。パン屋さんは小麦粉と油でべっとりとした汚れがファンに付着して排気揚力を著しく低下させています。

ベアリングのメンテナンスもあわせてされる事をオススメします。

11.jpg 12.jpg
換気ファン
換気ファン
13.jpg 14.jpg
このように羽根に油脂が付着すると排気能力が下がるだけではなく、回転のバランスが崩れてモーターやベアリングなど他の部品に負担がかかり故障の原因になります。最近、厨房内が暑い・けむたい・くさい等感じているようでしたら、一度内部の状況を確認する事をおすすいたします。

image_contact.gif

ページの先頭へ戻る

換気ファンベアリング・ベルト交換事例

排気ファンから振動や異音がなる前に確認が必要です。

ベアリングは消耗品ですがグリスを塗るなどのメンテナンスで長持ちします。
ベルトが切れているのをよく見かけます。定期的なベルト交換が必要です、

15.jpg 16.jpg
ベアリング
ベアリング
17.jpg 18.jpg
ベアリングは消耗品です。定期的にグリスを補充しないと壊れてしまいます。
19.jpg 20.jpg
ベルト
この様な状態をよく見かけます。ベルトも劣化して切れてしまいますので、早めの交換をお勧めします。

image_contact.gif

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る